ヴォルスタービヨンドはアルコールとタバコの相性最悪!?

ヴォルスタービヨンドとアルコールの相性最悪!?

 

ヴォルスタービヨンド アルコール

 

ヴォルスタービヨンドはアルコールとの相性が最悪なのでお酒は控えるのが良いです。

 

ヴォルスタービヨンドに豊富に含まれているL-シトルリンは一酸化窒素を生成することで、血管を広げやすくし勃起時のペニスを大きくする作用があります。

 

アルコールも血行を良くするので相乗効果が期待できるとされがちですが、L-シトルリンは尿素回路に関係する成分です。

 

アルコールの利尿作用によりL-シトルリンの作用は薄れてしまうので、副作用はなくても一緒に摂取するのはおすすめできません。

 

 

性に関するミネラルで最も重要とされる亜鉛の働きを阻害することにもつながります。

 

アルコールを代謝する酵素は亜鉛を材料にしており、飲酒量が多いほど体内で亜鉛が消費され海綿体を増やすのに必要な成長ホルモンや精子の生成が衰えます。

 

せっかくヴォルスタービヨンドで1日分の亜鉛を摂取しても、精力増強に関係のないところで消費しては意味がありません。

 

アルコールは開放的な気分にさせるので心因性EDで困っている人は適量であれば良い効果を得られる可能性が高いです。

 

しかしヴォルスタービヨンドを服用する人は、勃起力アップやペニス増大を目指すのでアルコールの作用は必要ありません

 

ヴォルスタービヨンドとタバコの相性最悪!?

 

ヴォルスタービヨンド タバコ

 

ヴォルスタービヨンドは、スーパーアミノ酸のL-シトルリンをはじめとしてトータルで61種類もの有効成分を配合している健康食品で、多くの男性が悩んでいる問題を改善する効果を期待できます。

 

一方安全性についても重視しており、GMP認定工場で作られており、セシウム-134・セシウム-137・ヨウ素131の放射性物質3核種の検査も実施しています。

 

なお、このように効果と安全性を兼ね備えているヴォルスタービヨンドですが、そのパワーを十分に引き出すためには注意しなくてはならないポイントがあります。

 

それは、タバコとの相性が最悪だということで精力の増強やペニスの増大などの効果を得たい場合は、素直に禁煙するのが適当です。

 

 

喫煙しながらヴォルスタービヨンドを服用しても効果を思うように得られない理由は?

 

タバコに含まれている多くの有害物質の作用によるものです。特に、ニコチンによる血管を縮小する作用が大きなマイナスで、ペニスに届けられる栄養が滞るようになるので、勃起が妨げられてしまう上に発育も阻害されてしまうことになります。

 

また、喫煙すると老化を促進する活性酸素も生産されるので、局部だけではなく身体全体に悪影響が及ぶのも重要なポイントです。

 

アルコールが分解されるまでの時間はご存知ですか?

 

アルコール 分解 時間

 

アルコールが分解されるまでの時間を出すためには、まず純アルコールを出す必要があります。これは度数を考えた上で出すアルコールの基準値の事です。

 

飲んだお酒の量(ml)にそのお酒の度数、そして0.8を賭ける事で出す事ができます。

 

例えば度数が5%の缶ビール1本350mlを飲んだ場合、350に0.05をかけ、さらに0.8をかけますので、純アルコールは14gという数字が出ます。

 

体重1kgに対し、1時間の純アルコールは0.1gですから、これに体重の数字をかければアルコールが分解されるまでの時間を出す事ができるのです。

 

今回例に出した%%の缶ビール350mlを1本分ですと純アルコールは14gと出ていますので、体重60kgある方で大体2時間20分程度の時間が必要になる事がわかります。

 

この計算方法はあくまでも目安の時間ですし、元々お酒に弱いか強いかといった体質によっても実際に分解されるまでの時間は変わってくるでしょう。

 

 

特に女性の場合、男性と比較して脂肪量が多めで水分量が少ないです。

 

そのため、男性よりも分解されるまでには長くかかります。そして体重が軽い人より重い人のほうが血液量が多い事から酔いにくいという傾向にあります。

 

ちなみに、肝臓の大きさも体重に比例していますので、体重が重い人のほうが肝臓の働きも良いと言われています。この事からもやせている人は酔いがさめにくいという事が言えます。

 

アルコールの代わりになる飲み物はあるの?

 

アルコール 代わり 飲み物

 

禁酒生活が長くなればなるほど、どうしてもアルコールを飲みたくなる時が出てきます。ですがそこで飲酒してしまっては、これまでの禁酒の努力が無駄になってしまうでしょう。

 

そのような時にはアルコールの代わりとなってくれる飲み物を取り入れることで、うまく気持ちをやり過ごしていくことが大切です。

 

 

アルコールの代わりとなる飲み物の代表とも言えるのが、ノンアルコールビールです。

 

名前の通りアルコールが入っていないビールテイストの飲料のことで、お酒の雰囲気を楽しむことができます。

 

近年では様々なメーカーから様々な種類が販売されており、当然ながら製品によって風味や味わいが異なります。自分の好を見つけられれば、まるでお酒を飲んでいるかのような雰囲気を楽しみやすくなります。

 

次におすすめなのが、炭酸水です。

 

糖分が入っていないシンプルな炭酸水は、意外とお酒の代わりとして役に立ちます。低カロリーであるのも嬉しい点です。

 

中にはレモン等の柑橘系の風味が加えられているものもあり、こちらもサワーのような雰囲気を楽しむことができます。炭酸の強さや風味の感じ方などこちらもメーカーによって様々なため、気分に合わせて選んだり好みを見つけて楽しむのがおすすめです。

 

【注意】タバコのメリットとデメリット

 

タバコ メリット デメリット

 

タバコを吸うことに対する社会の視線は厳しくなるばかりですが、それは健康を損なうおそれがあるという大きなデメリットが存在することが理由です。

 

デメリット

 

タバコには人体に有害な物質がタールやニコチンをはじめとしておよそ200種類含まれているといわれており、たくさん吸い続けることによって病気にかかる可能性が上昇します。

 

健康を損ないたくなければ喫煙をやめるのが一番ですが、タバコは依存性が強く、禁煙に対する意欲がどんなに強かったとしても上手にやめていかないと禁断症状に耐えきれずに禁煙に失敗してしまいます。

 

一見するとデメリットだらけのように思えるタバコですが、実は適度に付き合えばメリットもそれなりにあります。

 

メリット

 

例えば、ストレスを一時的に緩和させる効果や気分を落ち着かせる効果など、メンタルを良い方向に向かわせることができるほか、ある程度高齢の人の喫煙はボケを防止する効果があるといわれています。

 

これらはいずれも研究成果や調査結果として公表されているものです。

 

しかし、これらのメリットはコーヒーによく含まれているカフェインなど、食べ物や飲み物の摂取によっても得ることができ、タバコを吸わなければ得られないというものではありません。

 

 

ヴォルスタービヨンド 最安値